0

Day

0

Hour

0

Minute

0

Second

ジャパン ハッカソン2021

2月5日 16:00開始日本 京都

アプリが閉じた

ジャパン ハッカソンについて

ジャパンハッカソン2021は、デザイナーやプロダクトマネジャー、システム開発者といった最前線で活躍する専門家から熱意溢れる大学生、そして起業家などが一堂に集い、テクノロジーと創造的なアイディアを駆使して実生活で起こる課題の解決策を見出すことに取り組む52時間の国際的イベントです。



賞品


アルマ・クリエイション賞 (50万円)

スタートアップ賞

マネーフォワード賞 (10万円)



ジャパンハッカソン2021の掲げるテーマ



持続可能な開発目標(SDGs)
ディープテック

イベント開始までの流れ

2020年12月10日

申し込み受付開始

2021年1月19日

申し込み受付終了

2021年1月20日

参加者へとウェブポータルへのアクセス付与

2021年1月23日

参加者向けオリエンテーション

2021年1月23日〜2月5日

 参加者間のチーム構成とネットワーキング

2021年2月5日

イベント本番 (キックオフミーティング)

審査評価項目

  • a. テーマ。持続可能な開発目標(SDGs)もしくはディープテック (Deep Tech)に関係しているアイディアかどうか。
  • b. アイディアの重要性。社会の抱える問題を解決するのにそのアイディアがどのくらい重要なのか。
  • c. ビジネスとしての価値。特定の市場において価値をもたらすアイディアかどうか。もしくは、市場における特定の問題を解決してくれるかどうか。
  • d. ビジネスモデルの明確性。利益を生み出すかどうか。ビジネスモデルは明確かどうか。
  • e. 現実性。3日間のイベント期間だけでなく、現実的に考えてそのテクノロジーが製品・サービスとして成り立つものかどうか。
  • f. 革新性と創造性。解決策が既存テクノロジーと比較してどう異なるのか。そのなかにクリエイティブな要素は含まれているかどうか。

イベントスケジュール

各イベントおよびワークショップへの参加は時間厳守でお願いいたします。

  • 1日目

    2021年2月5日(金)

  • 2日目

    2021年2月6日(土)

  • 3日目

    2021年2月7日(日)

16:00-17:00

オープニングセレモニー

基調講演者、スポンサー、イベント運営からのスピーチを含めたキックオフミーティング。

17:00-18:00

アイディア紹介タイム

パワーポイントや類似ツールを使用して、選ばれたアイディアの提案者による内容紹介。

18:00- 21:00

チーム構成

参加者がアイディア提案者と直接話し合い、3〜5人のチームを構成

21:00 ~

チームワーク / メンタータイム

チーム構成後は、グループ単位でプロトタイプの製作に着手開始、もしくはメンターへの相談が可能。

11:00-12:00

ワークショップ

最終発表の準備や起業に向けたトレーニング・ワークショップ

16:00 - 17:00

ワークショップ

最終発表の準備や起業に向けたトレーニング・ワークショップ

13:00

第一回目の提出締め切り

ガイドラインに則って作成されたビジネスプランの提出締め切り。提出書類は審査員によりチェックされ、最終評価にも影響する重要なものです。

16:00

第二回目の提出締め切り

実際にビジネスとして立ち上げる場合を想定した最終ビジネスプランの提出締め切り。

16:00- 18:00

クロージングセレモニー

各グループの最終発表会で審査員によって上位3グループが選出されます。運営側からのスチーピも行われます。

19:00-20:00

交流会

このイベントに携わった参加者・メンター・スポンサー・運営関係者でイベントを振り返る交流会 (ネットワーキング)。

20:00 ~

取材対応

イベントの参加者、スポンサー、審査員、メンター、運営者を対象とした、メディア(海外のメディア含む)からの取材。

スポンサーとイベント支援機関・企業

イベント開催に協力して頂いた企業・機関リスト。

ダイヤモンドスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

運営メンバーの紹介

世界中から集まった専門家で構成されるチームです。

メンター紹介

Katsutoshi Murakami

Division Manager at Money Forward Kyoto

Brittany Arthur

Co-founder at Design Thinking Japan

Jason Z

Software Engineer at Amazon Web Services

Jennifer Qiao

Software Engineer at Microsoft

Karma Patel

Software Development Engineer at Amazon

Kohtaro Kosugiyama

Head of SDGs at The Adecco Group, Japan

Maren Lesche

Head of Incubation at Vision Health Pioneers

Meet Vadera

PhD Candidtate at UMass Amherst

Miki Uchida

VP at The X Future & CEO at Uprithm

Sumit Verma

Machine Learning Engineer at Mercari Japan

Tomoyoshi Koyanagi

Professor at University of Tsukuba

審査員の紹介

Masanori Kanda

CEO at ALMACREATION

Glen Wood

President at Smart Visions Logistics

Keiko Ono

Director at Social Innovation Japan

Naofumi Makino

Chief Director at JETRO Kyoto

Spring Han

Associate Professor at Kyoto University

Shgenori Yuyama

Founder at MEI Ltd

過去の上位入賞者からのコメント

© Copyright 2021 - Japan Hackathon